企業の魅力発信プロジェクト
「Ai-SPEC+」

能勢鋼材株式会社 × 大阪経済大学 @ctionチーム

●会社名/能勢鋼材株式会社
●本社所在地/〒535-0031 大阪府大阪市旭区高殿1-2-25
●業種/卸売業・小売業
●代表者/代表取締役 能勢 孝一
●資本金/2,000万円
●設立/1969年12月
●社員数/84名
●わが社の特徴/鋼材販売で培った機能(管理、切断、配送、検査、営業)を活用し、新たな分野(航空機部品事業、BtoC事業)に積極的にチャレンジし、成果を出しています。

URL:http://www.nose-sus.co.jp/

第1回目訪問(2018.8.1)

学生チームのメンバーと能勢鋼材ご担当者様と顔あわせを行い、能勢常務より企業概要や事業の特色、現状と今後の展望についてお伺いしました。そして、現在は部門間、世代間などのコミュニケーション円滑化についても課題とされているとお伺いし、企業の魅力発信とともに、学生チームとしてどのような具体的な取り組みができるか検討し、次回以降の訪問でご提案させていただくことになりました。
また、滋賀県にも工場があり、実際に働いている若手社員へのヒアリングと工場見学をさせていただけるということで、訪問日程を調整することになりました。

第2回目訪問(2018.9.12)

1回目の訪問の後、チームで話し合った結果、次の2点を具体的に取り組みたい課題として提案をしました。
1. 社員の皆さまが考える会社の魅力と、能勢鋼材様が感じていらっしゃる部門間・世代間などのコミュニケーションの現状把握と同時に従業員アンケート調査の実施
2. 社員の方々が、他の部署・業務を体験する社内インターンシップの提案

従業員アンケートについては実施の方向となりましたが、社内インターンシップについては日々の業務や受け入れ側の調整に時間がかかるため、プロジェクト期間中に実現することには課題が多いというご意見をいただきました。
その後、若手社員の方々3名に対して、現在の仕事の内容、自社の強み、職場でのコミュニケーションについて などをヒアリングさせていただき、アンケートの項目についても若手社員の方々にご意見をいただきました。
また、工場見学では、材料の入荷から出荷までの一連の仕事の流れと、切断する機械装置の特徴や機械加工の工程などについてご説明をいただきました。

次回までに従業員アンケートの項目内容と選択肢、フォームを作成することになりました。

第3回目訪問(2018.10.4)

従業員アンケートについて、学生チームが作成した内容をご報告し、フィードバックをいただきました。
【アンケート項目(抜粋)】
・仕事のやりがいについて
・仕事内容について
・キャリア開発について
・他部署の理解とコミュニケーションについて
・自身と会社の未来像について

ご担当の方より、10月27日に実施する全社員参加の「全社大会」を活用し、参加する前と参加した後で、社員の方の意識の変化が分かるアンケートとヒアリングを実施し、社員が感じている会社の魅力を発信する方法を考えてみてはどうかというご提案をいただきました。

次回までに再度アンケ―ト内容について、チームメンバーで話し合い従業員アンケートをご提案することになりました。

第4回目訪問(2018.12.21)

10月27日に「全社大会」が終了したため、当日の様子と内容についてお伺いしました。社員の方々のモチベーションが上がるような表彰制度や部門の垣根を越えて1つのワークに取り組んだり、コミュニケーションの活性化につながる取り組みをされていることを教えていただきました。
前回の訪問で再検討となったアンケートについては、入社を決めたポイント、入社後に感じた会社の魅力、全社大会に参加してどのように意識が変化したかなどを、初めて「全社大会」に参加した社員の方々にご協力いただくことに決定しました。
さらに、プロジェクトの終了時期が近づいてきたため、アンケートのみの実施とし、アンケートの実施内容と今までの活動の中から感じた能勢鋼材様の魅力をまとめ、就職活動をする若者に響くポイントの提案を行うことになりました。

第5回目訪問(2019.2.1)

これまでの活動内容のまとめとして、学生チームによる能勢鋼材様の魅力発信をテーマとした成果の報告を実施しました。工場見学やヒアリングを通して、能勢鋼材様が実施している様々な取り組みをお伺いし、なかでも「全社大会」での取り組みが印象的で、「全社大会」に焦点をあてて魅力をまとめました。また、大学内で実施したアンケートをもとに、学生が活用しているSNSの中からLINE@を活用した、魅力の発信について提案をさせていただきました。

学生チームより

Ai-SPEC+の活動を通じて、中小企業の現状について深く学ぶことができ、人材不足の現状やそれに伴い発生する問題を解決することが社内の課題であること、また社員の方々が働きやすいように様々な取り組みを行っていることや、その取り組みが社外に知られていない現状があることも知りました。
中小企業の現状や企業様の考え・想いを身近に感じることができたことは、自分達が今後社会人として働いていく中で大変貴重な経験になったと確信しております。また、チームで課題に取り組んだことでチームで働く楽しさや違った視点からの物事の考え方、役割の重要性など、Ai-SPEC+に参加し、たくさんの社会人の方々と関われたからこそ学ぶことができたのだと感じております。

 成 果 

1. 能勢鋼材様の魅力まとめ

2. 就職活動をする若者に響くためのポイント提案

 

 →【課題解決に関する提案資料】

ai-spec+team action.png

チーム紹介

大阪経済大学 @ctionチーム

私たちは行動経済学について研究しています。

具体例としては、人と良好な関係を築くためにどうすればい良いのか、自分の要望を通すためにどのように工夫すれば良いのかなど、それぞれの効果を用いて考え、研究しています。行動経済学の学習を通じて得た知識を活かしていければと考えております

 

大阪経済大学 経済学部 経済学科

【チームメンバー】リーダー/藤田 翔吾(3回生)  サブリーダー/奥原 美琴(3回生)  メンバー/納冨 裕一(3回生)

【指導教員】経済学部  准教授 藤原 忠毅

PAGE TOP